自分に合う小顔になる方法

いつの時代でも人気なのが小顔です。昔と違って生活習慣や食生活が格段に良くなりました。まるでファッション誌から飛び出して来た様な日本人離れしたモデル顔負けの若者を目にします。そんな恵まれた容姿の持ち主であっても、それに甘えず日々の努力をしているようです。小顔に関する特集のある美容雑誌やインターネットは購買数やアクセスが殺到しています。そして様々な美容器具もかなり売れています。最近では、ながら美容が浸透しています。テレビを見ながらリンパの流れを良くしたりします。忙しい時間のすき間をぬって小顔になる方法を実践しています。また、美容室でのヘッドスパも効き目があります。頭皮と顔は、一枚の皮で繋がっています。なので頭皮を潤してスッキリさせる事でリフトアップにつながって顔周りがほぐされて小顔につながります。

小顔になる方法を実践しています

小さい顔は、それだけでスタイルがよく見えます。また、どのようなヘアスタイルも美しく決まるため、おしゃれも存分に楽しめるようになるのではないでしょうか。実は私自身も小顔に憧れて、自宅で小顔になる方法を毎日実践しているところです。美容に詳しい友人に話を聞いたり、インターネットで調べて、誰でも無理なく続けることができるエクササイズを行っています。実際にインターネットで調べてみると、小顔になる方法はいろいろあることがわかりました。その中から、毎日朝と夜のスキンケアの際に短時間で手軽にできる方法を選んで続けています。ちなみに、毎日実践しているのは、耳たぶの付け根の部分をやさしくつまんで、耳たぶを後ろへ回すだけというシンプルな方法です。やさしく回すのがポイントなのですが、これを行うだけで顔の印象が変わってくるので、今では毎朝の日課になっています。

耳たぶ回しで小顔になる方法

ちょっとしたマッサージやエクササイズで小顔になる方法があります。その方法とは耳たぶ回しです。基本は寝ながら行いますが、座っていても立っていても大丈夫な方法です。耳たぶを持ち、後ろに4回回します。力は弱めに回します。次に手のひら全体を使って、目頭から耳元へ優しくほほを4回なでます。触れるぐらい優しい力で行います。耳たぶをもう一度優しく後ろに4回回します。下あごを前に4回突き出します。顎を左右に4回ずつずらします。顎を突き出してから、口を大きく開けます。両手を挙げて、肘を直角にし、肩を後ろに4回引きます。肩甲骨で肩を引っ張るような気持ちで行います。先ほどと同じく、両手を挙げて、肘を直角にし肩を後ろ回しに8回回します。以上の行動を8セット行います。小顔効果だけでなく、たるみにも効果がある方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*