表情筋を鍛えて小顔になる方法

憧れの小顔になる方法は、表情筋を鍛えることです。その為の運動で、とても簡単なのは「あいうえお」と顔の表情を大きく動かして発声することです。まず「あ」の発声は口を大きく開けて、アゴを下げます。顎関節症の人は無理をしてはいけませんが、大きく開ける事により、普段使わない筋肉を使う事ができます。「い」の発生は口をできるだけ横に伸ばします。「う」は唇を突き出し、タコのような口にします。「え」は舌をあっかんべーをする要領で、突き出します。「お」は口を少し開いた状態で「う」の時と同じように、唇を突き出します。一日3回位を目安に毎日行う事により、表情筋が鍛えられます。鏡を見ながら行うとより効果的です。その他の簡単な運動として、舌を口の中で回すことにより、小顔だけでなく、ほうれい線にも効果があります。顔の運動をして、表情筋を鍛えた後にリンパマッサージやつぼ押しをすると、流れが良くなるので、老廃物も流れやすくて効果的です。

美容医療で小顔になる方法

美容の悩みも多くの種類がありますが、顔が大きいことで悩んでいる人は少なくありません。顔が小さくなるとよりスリムに見えますし、全体のバランスをよく見せることができるのもメリットです。小顔になる方法は自宅で行える方法ではマッサージやメイク、髪型で工夫することがあげられます。よりしっかりと顔を小さくしたいという場合は美容医療も良い効果を発揮してくれます。美容医療で手軽に行える方法としては、美容機器を利用してフェイスラインを引き締めていく方法もありますし、エラガ目だっているという場合はボトックス注射も良い改善を得ることができます。そして脂肪がたっぷりついているという場合は脂肪吸引、脂肪溶解注射も有効です。骨格に問題があって、顔が大きく見えている場合は顎やエラを削る手術が効果的です。この場合はある程度体に負担があるものの、半永久的に効果を持続させることができます。

顔の筋肉を鍛えて小顔になる方法

全体的なルックスに関わってくる顔と身体のバランス。特に顔を引き締めて小顔になりたいですね。顔を作っているのは皮膚のすぐ裏側にある表情筋ですから、この筋肉を常にシェイプアップさせる事で小顔になる方法があります。少しでも時間が空いた時には顔の筋肉を動かす事を心がけます。他人との会話が少なく無表情な人は顔の筋肉が徐々にたるんでしまうので、全体的にのっぺりとした印象を与えてしまいます。笑顔が若さの元というのも一理あると言えますね。朝は顔をほぐすつもりで、夜は入浴後に顔のストレッチを行なうと効果的です。目をぎゅっとつむって、パッと離す。強く笑顔を作って、そのまま両頬を優しくマッサージするなどの軽いものでも続ければ効果があります。また、エステで小顔マッサージをしてくれるのも顔の筋肉にハリを与える効果があります。普段から筋肉を意識して、顔のたるみを予防すると良いでしょう。

Lefort-1は正確な計測で手術を行います。 大学病院レベルの衛生環境と独自開発の医療器具。 2割から最大5割引き。 20代~50代の女性、男性のお客様がよくいらっしゃいます。 当院では、顔パーツのバランス等、顔面に関する様々なお悩みにお応えいたします。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 ドクターカウンセリング無料。 銀座の美容外科は当クリニックへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*